抗菌・光触媒について

抗菌・光触媒 ←詳細はこちら

ナノ・インテリア
光触媒は今から50年ほど前に東京大学にて
藤島昭氏が実験中に偶然発見したものです。

光が当たるだけで”ウイルスや菌”を分解した
りなんと臭いまで分解できるコーティング剤
で、画期的な環境改善技術です。


『抗菌・抗ウイルスの話』

消毒抗菌は全くの別物です。

消毒:一時的に菌を死滅させるモノ

抗菌:菌を死滅させ、増殖を抑制させるモノ

光触媒は抗菌・抗ウイルス

20年ほど前からビル家の壁には光触媒が
使われています!他にも、身近にある様々な
物や場所にも光触媒は使われています。

例えば…

①病院
様々な病氣の人が行き来する院内、わずかな
細菌の存在も許されない病院の手術室では
除菌力が強いものが求められます。
光触媒は、高い除菌力、一度の施工で長期間
持続消臭効果もあるため、導入する病院が増えています。


②トイレのタイル
無色の気体で強い刺激臭を持つニオイの原因
【アンモニア】も光触媒で分解できます
また表面にコーティングをするため、汚れが
表面上に浮いたままになるので掃除も楽になります。


③ガードレール
汚れと臭いの成分を水と光さえあれば分解し
てしまう光触媒は、普段ほとんど掃除される
ことがないガードレールにも使用されていま
す。また、大気汚染物質である窒素酸化物
(Nox)分解除去する効果もあります。


『メイドインジャパンの安心感!』

日本で生まれ、現在まで研究がされている光
触媒は、世界の中でも日本が先頭に立ち、改
良を続ける正真正銘【メイドインジャパンの
物質】です!


『効果が続く光触媒』

光触媒とは、太陽の光室内の光が当たる事
で、ウイルス臭い汚れなどを減らす
ものです。今までの除菌とは違い、光触媒を
使ったコーティングを行うことで長い効果を
実感でき、日々の除菌作業が楽になります。


『親水化 と 有機物の分解』

ナノ・インテリアの光触媒には大きく分けて
2つの機能が存在します!
①親水化 ②有機物の分解 この2つの機能
により、ウイルス汚れ花粉ダニ
などを減らすことができます!


親水化とは…
親水化とは、表面についた水が玉のような
水滴にならずに、薄く広がって表面に馴染み
水の膜をつくる状態のことです!この機能を
使って光触媒の上に汚れがついた場合……

親水化によってコーティングされた光触媒の
膜の上についた汚れの下に水が入り込みます
そのため、汚れを浮かすことができ、汚れが
ついても簡単に水で落とすことができます!
光触媒を使えば、今までの大変だった掃除が
楽になります!


有機物の分解とは…
ウイルス臭いの元となっているガスの
多くが有機物です。今までは、これらを除菌
剤や消臭剤などで隠していましたが、
ナノ・インテリアでは有機物の元から減らし
続けます!


『ナノ・インテリアの凄さ』

ナノ・インテリアではこれらの効果が長い間
続きます!※衝撃や摩擦によって、膜が剥が
れてしまうことがあります。
その為、一度コーティングすれば、長い間、
菌やウイルス、臭いの元を減らしてくれるた
め、快適な生活を送ることができます!

抗菌・光触媒

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です