ナゴログ 8

English version available Here

●リニア・鉄道館が熱い

名古屋観光スポットと言えば間違いな
く「名古屋港水族館」ですし、わたし
も家族旅行で行ってきたばかりです。
鉄道ファンにとっての観光地と言えば
「テッパク」こと鉄道博物館です。そ
して、新幹線好きにとって大興奮でき
る場所が今回のテーマ
「リニア・鉄道館」
なのです。
 
リニア・鉄道館のコンセプトとして、
東海道新幹線を中心に、在来線から超
電導リニアまでの展示を通じて「高速
鉄道技術の進歩」を紹介するとありま
す。超電導リニアはJR東海が研究に
研究を重ねた技術であり、リニア新幹
線の開業が2027年に開始する予定
でした。しかし、静岡県内での区間に
おいて県と対立してしまい工事が進ん
でいないそうです。そのため、開業は
先送りになってしまいました。

そのリニア新幹線を一足先に体験でき
るのがこの「リニア・鉄道館」です。
入場するとリニア新幹線の現物車両の
展示があります。美しいストライプに
心が躍ります。リニア新幹線の内装を
使った乗車体験もできます。車輪走行
の部分から、超電導リニアによる浮力
を使った時速500km走行へ移行する瞬
間は感動さえ覚えます。お尻に感じる
ゴツゴツした感じが一気に消える瞬間
です。
 
また、新幹線のシミュレータがあるの
ですがこれは予約制です。そのため、
急いで総合案内で予約を取りに行かな
いといけません。コロナの影響でこの
枠も少なくなっているので注意が必要
です。
 
「リニア・鉄道館」のアクセスですが
名古屋駅からあおなみ線に乗って
「金城ふ頭」という駅で降りたらすぐ
です。


『&SHARE(アンドシェア)』


『Japan Hinata』


というホテルは名古屋市内の観光地へ
のアクセスに便利な場所にあります。

ちょうど風邪の季節がやってきました
が、宿泊施設全体に抗菌・光触媒技術
を使用しているのでウイルスを分解除
去してくれます。泊っている間の風邪
対策は万全です。寝具も落ち着きのあ
るおしゃれ感がありますので、非日常
感を味わいつつもしっかり眠れます。

「リニア・鉄道館」へは朝からガッツ
リ楽しみたいところですので、いい宿
で体調管理してから臨むことをお勧め
します。

ナゴログ 7

English version available Here

●名古屋城が注目されています
 先日NHKの「あさいち」で「あん
まんちゃん」が名古屋城へ旅をしてい
ました。NHKで取り上げられるほど
魅力的な場所ということです。
徳川家康が関ヶ原の戦いに勝利した後
大坂と江戸の中間点での防衛拠点とし
て名古屋城を建てることにしました。
築城を家康より命じられたのが、加藤
清正、福島正則など豊臣家に従ってき
た大名たちでした。
 
 あんまんちゃんが注目したのが金の
しゃちほこと石垣でした。金のしゃち
ほこは当時215.3kgの金が使用されて
いたそうで、金の輝きがまさに徳川家
の輝きと重なります。あんまんちゃん
へクイズが出されていましたが、しゃ
ちほこの雄と雌はどっちでしょう?と
いうものでした。わたしはそもそも雄
と雌がいることを知らなかったので、
あんまんちゃんと一緒に悩んでいまし
た。背びれの枚数が違い、4枚が雄、
3枚が雌だそうです。本当に雄と雌が
見分けられるか?実際に現地へ行って
確かめたくなります。
 
石垣の石には刻印があるそうです。
この印は大名が徳川へのアピールの爲
につけたものだそうです。大名ごとに
違う印がついているので、この刻印を
探してみてね、という内容でした。
こうした探し物は実際にやってみない
と面白くないので、名古屋城へ旅をし
なくては始まりません。
 
アクセスですが、名古屋駅から地下鉄
を使うのが便利です。東山線に乗って
SKEで有名な栄駅まで行きます。
2駅5分かかります。そして名城線に乗
り換えて2駅3分すると市役所駅という
のがあるのでそこで降ります。駅から
は徒歩5分ほどで名古屋城へ到着しま
す。市内の観光地へ行くには地下鉄が
便利です。
 
名古屋城の営業時間は朝の9時から4時
半までです。1時間半程度あれば回る
ことができます。そのため午前中に
名古屋城、午後に違う場所という風に
観光プランを決めてもいいですし、
東京から移動した日に名古屋 を観光
してそのまま宿へ向かうというのもあ
りです。


『&SHARE(アンドシェア)』


『Japan Hinata』


というホテルは観光地へのアクセスが
良いのが魅力で旅の拠点として便利で
す。これから風邪シーズンに入ります
が、こちらのホテルでは

ナノ・インテリアの「抗菌・光触媒」
ウイルスブロックコーティング

施工済みなので光触媒の技術により
ウイルスを分解・除去してくれます。

ナゴログ 6

English version available Here

●ひつまぶしで名古屋を満喫

 ある旅行会社のポスターでカニの写
真が掲載されていました。「カニは見
るだけでは満足できない!食べにおい
で!」という内容でした。旅行の醍醐
味として現地の料理を食べることがあ
ります。絶景は写真を見るだけでかろ
うじて何とかなるものの、食事に関し
ては写真を見ただけで食べた氣になら
ないのです。現地に行って食べなくて
はなりません。
 
今回は名古屋飯の一つである
「ひつまぶし」を食べに行きました。
ひつまぶしは刻んだうなぎの蒲焼をお
櫃に入ったご飯の上にのせた(まぶす)
料理のことです。この料理の成立につ
いては諸説あるそうですが、うな丼を
出前すると丼を割ってしまう事が多発
するのでお櫃に人数分のご飯を入れて
取り分けしやすくしたそうです。
うなぎは今のように養殖でふっくらし
たものが手に入るわけではないので、
身が硬い天然物を刻んで薬味を入れた
りお茶漬けにしたりして臭いを感じに
くくしたという説もあります。
 
わたしたちは「うな富士」というお店
に入り「上ひつまぶし」を食べました
お櫃のふたを開けると見た目からして
圧巻のボリュームです。うなぎの蒲焼
は「たれ」を食べる料理だと思ってき
たわけですが、「魚」を食べる料理だ
ということに気付かされます。スーパ
ーの外国産とは明らかに違い、外は焼
き目が香ばしく噛むとふっくらとして
魚の味がじわーっと出てきます。そし
て薬味を合わせるとさっぱりと胃袋の
中に入っていきます。

最後はだし汁をかけてお茶漬けとして
飲み込むのですが、これまただし汁が
絶品です。小骨もしっかりとってあり
安心してかきこめます。1歳児向けに
お皿をもらい、そこにお茶漬けを作っ
て食べさせました。初めてのうなぎで
したが、パクパク食べていました。
離乳食は卒業したもののまだ硬いもの
は食べられないので、お茶漬けにして
柔らかくできるのは助かりました。
 
今回お世話になった「うな富士」は
名古屋駅からJR中央本線に乗り
鶴舞駅で降ります。
 
ホテル

『&SHARE(アンドシェア)』


『Japan Hinata』


は名古屋市内の移動に便利な立地と
なっております。
これからのシーズンに欠かせない
ウイルス対策としてナノ・インテリア


「抗菌・光触媒ウイルスブロックコーティングが
施されていますので、安心して
利用できます。