ナゴログ 9

English version available Here

●安心して眠れる場所
 先日、専門の感染対策を行っている
場所に子どもと行ってきました。入室
前に体温を計測し、問診票に記入をし
て感染していないことを確認します。
さらに消毒薬が完備されていて部屋に
入るたびに手を消毒します。専用の換
氣装置があり、室内の空気が定期的に
入れ替わるようになっています。
しかし、安心して眠れないのです。
それはどこかと申しますと病院です。
当然といえば当然なのですが、感染対
策だけでは眠れないのです。そこには
安らぎがないからなのです。真っ白の
場所は緊張感が生まれます。
 
 感染対策はもちろんなのですが、緊
張感から放たれ安心して休める場所と
いうのがこれから求められるのです。
 
 現在、「抗菌・光触媒」というのが
注目されています。蛍光灯レベルの光
が当たるだけで空気中の病原微生物は
もちろん、花粉やほこりも殺菌して分
解してくれるというものです。消毒薬
を使うと数時間で効果が落ちてしまう
のですが、「抗菌・光触媒」では光が
当たる限り無限に効果があります。
これには注意しなくてはならないこと
があります。接着剤で有機物を使うと
一番近い場所である接着剤自体を分解
することに注力してしまい、空気中の
病原微生物の分解に回らないのです。
そのため、接着剤に無機物を使うとい
うのが大切です。こちらを使った
「ナノ・インテリア」があれば日常生
活における感染対策は万全です。
 
 緊張感を感じず、安らぎを感じる色
として青があります。
イギリスで2000世帯を調べた大規
模研究があります。部屋の色と睡眠時
間を調べたもので、最も長かったのが
青、2番目がクリーム色、3番目が緑
でした。一方、睡眠時間が短かったの
が紫、茶、灰色でした。青を基調とし
た部屋はよく眠れるのです。
 それを踏まえたホテルはしっかり眠
れる場所となるのです。


『&SHARE(アンドシェア)』


『Japan Hinata』


はくつろぎと睡眠ができる場所となり
ます。わたしが以前泊まったホテルの
部屋は青を基調といた寝具が多数使わ
れており、初めて訪れる場所で緊張し
てもおかしくないのですが、家にいる
時以上によく眠れました。
 
 みなさんも一度は安心できるホテル
でゆっくりと休んでみてはいかがで
しょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です