尾張名古屋ブログ『ナゴログ5』

English version available Here

●安全安心でおもてなし

 旅の疲れを癒すホテルですが、不特
定多数の人が利用するということで安
全性は大丈夫なのか?そういった心配
がある限りホテルは癒しの空間どころ
か恐怖の空間となってしまいます。


また、よく他人の家の玄関を開けると
「独特の臭い」があります。その方は
掃除をおろそかにしているわけではな
いのですが、その方独特の臭いが染み
ついているものです

これが不特定多数の人の臭いとして結
集されるとどうでしょう?何とも言え
ない臭いとなることでしょう。そうし
た臭い対策も含めてホテルでは対策を
行っていかなくてはなりません。


コロナウイルスによる肺炎が話題とな
ってから、わたしたちは「消毒」をす
る習慣ができました。消毒とは病原微
生物の毒性を失くす行為です。簡単な
方法が「消毒液」を使ったものです。
アルコールは細胞膜のタンパク質の構
造を変えて使い物にならなくさせます


 わたしたちの手につけるとこの現象
が起こるので、手が荒れます。細菌の
細胞膜でも同じ現象が起こるので使い
物にならなくなりますこれにより毒性
が無くなります。一部の細菌や一部の
ウイルスでは細胞膜の外側に殻を持っ
ているものがあるのでアルコールの
効果はありません。しかし、コロナ
ウイルスはそういった殻がないので
アルコールは有効です


アルコールの利点は揮発性があるので
手につけるとそのまま乾いてくれるの
です。手をふく行為自体が新たな病原
微生物をつける行動となるので、その
まま乾いてくれていいのです。


 しかし、物についてはすぐ乾いてし
まうと効果が長続きしません。だから
こそ長時間にわたって効いてくれるも
のが必要となります現在の科学技術に
よりこれが現実レベルで可能となりま
した。

「抗菌・光触媒」を使った

ナノ・インテリアなのです。
光が当たるとここから空気中の酸素と
水と使って活性酸素が2種類発生しま
す。

この活性酸素が細菌、ウイルスはもち
ろん臭い分子まで分解除去させます。
分解後は無害な水と二酸化炭素に変わ
るので安全性はとても高いです。

ホテル
『&SHARE(アンドシェア)』

『Japan Hinata』

ではこの「抗菌・光触媒」を使った

ナノ・インテリアがコーティングされ
ています。

ウイルスや細菌はもちろん、独特の臭
いまで分解除去してくれています。
安全安心の空間で旅の疲れを癒してく
れること間違いなしです。

尾張名古屋ブログ『ナゴログ4』

English version available Here

●東京にないレストランでお財布にやさしい食事

 旅の楽しみの一つは食事ですね。いつもと
違う環境で食べる食事は脳を活性化させます
東京に住んでいると全国各地のレストランが
出店しているので「ある程度」は食べること
ができます。せっかく新幹線に乗ってきたの
だから、東京では決して食べられないところ
へ行きたいと思っていました。その一方で敷
居が高いところはお財布にも厳しいですし何
しろ小さな子どもはNGということになりか
ねません。事前によく調査すればよかったと
思いつつ、流れに身を任せた行動もそれはそ
れでよかったりします。
 
 今回わたしたちがお世話になったレストラ
ンが「ザめしや」でした。大阪に本社がある
レストランチェーンで、東海地区、近畿地区
、中国地区のみ展開しているカフェテリアレ
ストランです。100種類以上の豊富なメニ
ューが選び放題で、「自分だけの」組み合わ
せを楽しむことができます。こういうレスト
ランは東京では楽しめないので、調子に乗っ
てあれもこれも選んでしまいました。
 
 トレーを持って料理がのったお皿をのせて
いきます。その後、席で会計を済ませたらす
ぐ食べることができます。そのため、待ち時
間もなく好きな物から食べられます。お子様
椅子とお子様食器セットがあり、食べられそ
うなメニューを取り分けて食べさせることが
できました。食器セットには紙エプロンがつ
いているので、ありがたく使わせていただき
ました。今回子どもが食べたメニューは白飯
、豚汁、玉子焼きでした。わたしはサラダ、
サーモンのお刺身、焼き魚、白飯、豚汁、抹
茶プリンでした。お刺身と焼き魚と、メイン
2品をいただきました。これだけ食べても1
500円程度です。白飯を季節の松茸ご飯に
替えることもできます。主人は味噌ダレがつ
いた揚げ物を食べていました。
 
 わたしたちがお世話になった宿
「&SHARE中村公園」からは徒歩3分と
アクセスも抜群です。

ここでお財布にやさしい夕食を済ませ宿でゆ
っくり遊んでいました。宿の備品でおもちゃ
がたくさんあったので、ありがたく使わせて
もらいました。1歳児にとってミッキーさん
の積み木はちょうどよかったようで、家で遊
んでいるかのように夢中になっていました。

尾張名古屋ブログ『ナゴログ3』

English version available Here

●名古屋港水族館の思い出

 名古屋港水族館は家族連れでも安心して楽
しめる場所です。わたしたちのような家族連
れがたくさんいました。そして一日中滞在し
てもずっと楽しめる場所です。営業時間は朝
の9時半から夕方の5時半までです。名古屋
駅から地下鉄に乗って22分で着きます。
わたしたちは宿で一晩しっかり寝て体調万全
にしてから向かいました。

わたしたちがお世話になった宿は
「&SHARE(中村公園)」です。

朝はゆっくり食事を取っても
名古屋港水族館には10時半からガッツリ
入場できました。


新型コロナウイルスのおかげで、室内での
イベントは全て中止です。イルカパフォーマ
ンスとシャチの公開トレーニングの2つだけ
でした。イルカパフォーマンスが11時から
始まるので、入場してすぐイルカパフォーマ
ンス会場に入りました。すでにライバルたち
がいい席を取っていました。それでも平日と
いうこともあり、比較的前の席に座ることが
できました。イルカパフォーマンスがいよい
よ始まった時、雨が強く降ってきてしまいま
した。雨が吹き込む席に座っていた方は退場
してしまいました。それでもパフォーマンス
は続きます。降りしきる雨の中、イルカたち
のジャンプはそれに動じず行われていました


シャチはイルカプールの奥にあるのですが、
「密」回避のためイルカパフォーマンスの座
席から遠くを眺めるように公開トレーニング
を見ます。シャチの豪快なジャンプが遠いと
ころで見られます。大きな体であれだけ動け
るのですから、近くで見られたら圧巻なので
しょうが、それは仕方ありません。


 前半にイルカとシャチを堪能したところで
昼食へ向かいました。後半はペンギンや魚た
ちがいる南館へ移動しました。見どころは黒
潮大水槽のイワシたちです。見事なフォーメ
ーションで泳いでいます。そして、ウミガメ
の水槽ではたくさんのウミガメたちが泳いで
いました。しかし、ウミガメにたどり着く頃
に子どもは爆睡してしまいました。もちろん
ペンギンも爆睡でした。名古屋港水族館の目
玉の展示がこのペンギンですので、また作戦
を立ててチャレンジをしたいと思いました。